Top > ニンニク卵黄に含まれる栄養素について

ニンニク卵黄に含まれる栄養素について

ニンニク卵黄はニンニクと卵黄を練り上げたものであるから、栄養素はニンニクの栄養素と卵黄の栄養素そしてこれらが結合されて作られる栄養素に分けられる。
ニンニクに含まれる主な栄養成分はアリシンでこれはビタミンB1の効果を高める役割があるので豚肉などと一緒に摂取すると糖質を吸収しやすくする効果がある。
アリシンはその他にも殺菌抗菌作用がありウイルスの活動を抑制すると言われていて、アメリカの公的な研究所でがん予防効果が認められている。
予防効果のあるガンは消化器系のガンに限られる。
その他アリチアミンがビタミンB1の吸収効果をより長持ちさせる効果があるとわかっている。
ニンニク卵黄の卵黄部分にある栄養素の成分はレシチンで、これは体内の新陳代謝を活発化させる働きがある。
またアリシンと卵黄に含まれる脂質が結びついて作られる脂質アリシンはビタミンEと同じ働きをして抗酸化作用でアンチエイジングに効果があるとされる。
やわたの熟成にんにく卵黄は通販で購入することができるので初心者の方にもおすすめである。

関連エントリー